イメージ1

化粧水は必要かそうでないか

「乾燥肌だから洗顔後すぐに化粧水をつけないと顔がかさかさする」と言いいろいろなコスメを使用している女性は多いと思いますが、はたして本当に化粧水は必要なのでしょうか。

そもそも化粧水とは、お肌の水分補給です。
水分補給も多すぎては意味がありません。
かえって肌の活性化を妨害してしまいます。

洗顔後でよけいに取れてしまった油分などを補うためのものです。
なので、「何もしなくても潤っている」という女性は、特に化粧水やコスメを使用する必要がないのです。
とは言っても、何も付けないのも不安だという方は、乾燥する部分(目・口の周り)に薄くつけてみたらどうでしょうか。
人は肌本来の力で十分潤うことができるのです



肌体質について

普通肌・敏感肌・乾燥肌・脂性肌・混合肌・アレルギー肌と肌にはさまざまなタイプがあります。
さまざまなタイプに合わせてコスメを選ぶこともできます。

普通肌は肌の油分が多すぎず少なすぎず、かさかさせずベストの状態の肌のことです。
敏感肌は肌が荒れたり赤みが出たり、反応しやすい肌のことを言います。
乾燥肌は肌がカサカサしている状態。
脂性肌は肌の脂でテカテカしている状態。
混合肌は乾燥肌・脂性肌が一緒にある状態。
アレルギー肌は何等かの物質に反応する特殊な肌の状態のことを言います。

アトピーの方はコスメで悪化する恐れもあるので、使用には十分注意が必要です。
季節によっても肌の乾燥の仕方は違いますよね。
自分の肌を見極めて、自分に合ったコスメを使用することが望ましいですね。